刑事事件で逮捕された場合の流れについて

「逮捕」の定義

カレンダー上でスケジュール確認する刑事事件弁護士たち刑事事件の被疑者の身柄を拘束する強制処分のことを逮捕と言います。
逮捕には、警察官が行う場合と検察官が行う場合とがありますが、どちらが行ったかによって、その後の流れが少々変わってくることになります。

警察官による逮捕について

 警察官が刑事事件の被疑者の身柄を拘束した場合は、そこから48時間以内に、被疑者の身柄付きで事件を検察官に送るか、それとも被疑者を釈放するのかを判断するのが原則になっています。
事件を検察官に送ることを送検と言うのですが、身柄を受け取った検察官は、その後24時間以内、かつ、被疑者の逮捕から72時間以内に勾留請求するかどうかを決めなくてはなりません。

逮捕から72時間以内に釈放か拘留かが決まる

もしも決められた期限までに勾留請求がなされなかった場合は、被疑者は即時に釈放されることになります。
かなりタイトなタイムスケジュールになっているため、満足な取り調べをすることができなさそうな印象があります。
しかし、公権力と私人との間には圧倒的な力の差がありますので、この程度の制限が付されていないと私人にとって酷すぎる結果になってしまうおそれがあります。
そのため、一見厳しすぎるほどの時間的な制約が課されているというわけです。

検察官による逮捕について

 一方、検察官が被疑者の身柄を直接拘束した場合は、そこから48時間以内に勾留請求をしない限り、必ず被疑者を釈放しなくてはならないことになっています。
つまり、検察官の方が警察官よりも厳しい条件が付されているということになります。

拘留の定義

 ちなみに勾留というのは、より慎重な捜査を行うための身柄拘束のことです。
検察官が行った勾留請求が裁判所に認められると、まず10日間の身柄拘束が可能になります。
この勾留は、再度請求することでさらに10日間延長することができます。
そのため、現実には合計20日間勾留されることになるケースが多いです。