刑事事件のおおまかな裁判の流れについて

裁判所への出頭

地球の上に立つ刑事事件弁護士刑事事件での裁判の流れは、まず被告人が裁判所に出頭するところから始まります。
被告人には事前に裁判所から公判期日の通知が届いています。
身柄拘束中の被告人は拘置所から送迎されますが、そうでない場合は指定された日時に出頭をします。

公判の開始

そして時間になると公判が開廷します。
法廷が始まると、本人確認の為の人定質問が行われます。
人定質問の際、被告人は法廷中央の証言台前に立ちます。
そこで、氏名・本籍・住所・生年月日・職業を答えます。

罪状認否の手続き

次は罪状認否です。
これは検察官が事件の内容を読み上げることです。
事件の内容は起訴状に書かれてあります。
ここで書かれてある内容は必要最小限の情報のみとなっています。

黙秘権の説明

またその後黙秘権の説明も行われます。
黙秘権とは、被告人は公判廷で終始沈黙する事が出来ると刑事訴訟法で保証している事を指します。
黙秘権の説明の後に起訴状の内容が間違っていないかどうかを裁判官から質問されます。
ここでの被告人の答え方で、被告人が犯行を認めているのかそうでないのかが確定します。
ここまで終えると被告人は席に戻るように指示されます。

裁判の審理の流れ

検察の冒頭陳述

そして次は冒頭陳述です。
これは検察側から見た事件の流れの説明です。
今回の刑事事件の流れや被害等について細かく説明が入ります。
事件の説明が終わると、次に検察官が事件の立証と証明に入ります。
被告人が自白している場合は、捜査資料を読み上げる程度で終了します。
しかし被告人が否認している場合は証人尋問等が行われ数日かけて何度も公判を実施する事もあります。
検察官による話が終わると。

弁護側の立証

弁護側の立証が始まります。
弁護人の立証が終わると検察官による論告が始まります。
これはどのような判決にするべきかを主張するものです。
そして最後に被告人がもう一度証言台に立ち意見陳述が行われます。
被告人の意見陳述が終わるとその日は終了です。

判決の言い渡し

判決は後日言い渡されるので日時だけ指定されます。
判決の言い渡しは、結論とその理由を宣告されます。
その内容を控訴しないようならばここで刑事裁判は終了となります。
控訴する場合は手続きを行い第二審が行われます。